トップページ >  遺伝子検査の選び方 >  検査の内容で比較

子どもの遺伝子検査を「検査の内容」で比較!

内容

子どもの遺伝子検査の内容は、機関によって表記のばらつきはあるものの、大まかなところは共通しています。
協調性・ストレス耐性・我慢強さなどのメンタル的な特性、思考力・記憶力・知力などの学習能力、瞬発力・筋力などの運動能力などがわかります。

調べられる内容が充実していれば、お子様の可能性は発見しやすくなりますし、鑑定書やアドバイスも有用なものになります。掲げている検査項目数が多くても、一部に特化していて、気にならない人は気にならないような項目も含んでいる場合があるので注意が必要です。



内容が充実した遺伝子検査を選ぶ

遺伝子検査の内容は、だいたいの中身は共通していますが、項目数にはばらつきがあります。
数だけにとらわれず、本当に知りたいことかどうか、自分の子育てに役立つかどうかを吟味して選びましょう。


子どもの遺伝子検査を「検査の内容が充実している順」でランキング!

GIQ子ども能力遺伝子検査 評価:5 身体能力・学習能力・感性の3分野の検査で、学校の授業から大人になっても使う能力の分析を行うことができます。3分野まとめて検査ができるフルバージョン検定もあります。

GIQ子ども能力遺伝子検査をチェック

日本バイオテック遺伝子検査 評価:4 有益な内容のフルバージョンコースに加え、知りたい分野に応じた個別コースがあり、お得に検査することができます。

日本バイオテック遺伝子検査をチェック

上海オージェネバイオテック遺伝子検査 評価:3 基本的な項目はもちろん、絵画や音楽、ダンスなど芸術分野の項目も多く設定されています。

上海オージェネバイオテック遺伝子検査をチェック
検査できる内容が充実した遺伝子検査はコレ!

「GIQ子ども能力遺伝子検査」は、学習能力・身体能力・感性の3分野から詳細な解析を行ってくれます。

学習能力は学校で使える記憶力や計算力、図形認識力などの分野から、将来役立つ判断能力、分析力などが分かります。
身体能力は耐久力や持久力など、感性は注意力や現代社会で欠かせないストレス耐性力などが分かります。

フルバージョン検定を受けることで、まとめてお得に検査することも可能です。


子どもの遺伝子検査を賢く選ぶ!