トップページ >  遺伝子検査の選び方 >  検査にかかる期間で比較

子どもの遺伝子検査を「検査にかかる期間」で比較!

期間

子どもの遺伝子検査にかかる期間は、検査機関によりまちまちです。
内容が複雑になるほど時間がかかりますが、たいていの場合、検体が届いてから約1ヶ月~2ヶ月ほどで結果が返ってきます。

早く結果がわかれば、子育てへの活用がすぐできるので、検査にかかる期間の短い遺伝子検査を選ぶのがよいでしょう。

差が小さいとは言っても、子どもの成長はあっというまです。お子さまの大事な個性のことは少しでも早く知りたいものですよね。



検査結果が分かりやすいことも大切

検査結果が届いても、それを生かさなくては意味がありません。詳しく、分かりやすい遺伝子検査を選ぶことで、検査結果が届いてから活かすまでの期間を短縮することができます。


子どもの遺伝子検査を「検査にかかる期間が短い順」でランキング!

GIQ子ども能力遺伝子検査 検体到着から結果到着まで最短30日
GIQ子ども遺伝子検査は、多くのメディアで紹介されている遺伝子検査です。検査結果は分かりやすい言葉でまとめてあるため、早く行動に移すことができます。検査は日本の医療機関で行われるので、安心できます。

GIQ子ども能力遺伝子検査をチェック

日本バイオテック遺伝子検査 検体到着後から鑑定書郵送まで最短30日
日本バイオテック遺伝子検査は、全分野の検査はもちろん、気になる能力分野に応じた個別コースが設けられ、安く検査することができます。どちらにも充実した鑑定書がつきます。

日本バイオテック遺伝子検査をチェック

上海オージェネバイオテック遺伝子検査 サンプル到着後、結果判明まで最大25営業日、翻訳に10日ほど、トータルで2ヶ月ほど
上海オージェネバイオテック遺伝子検査は、日本にいながら日本語・日本円での手続きが可能。60ページにもおよぶ詳細な鑑定書が特徴です。

上海オージェネバイオテック遺伝子検査をチェック
検査期間が短い子どもの遺伝子検査はコレ!

「GIQ子ども能力遺伝子検査」は、最短30日で結果が郵送される、迅速な遺伝子検査です。 検査期間が短ければ短いほど、子育てにいち早く役立てることができるので、最長でも2ヶ月というこの早さは魅力です。

さらに鑑定書は専門用語を使わずに分かりやすい言葉で記載されているため、診断結果が届いてから行動に移れるまでの期間も早いです。

鑑定書は分かりやすいだけでなく「お医者さん」と「先生」の2人のプロフェッショナルからのアドバイスも人気の理由のひとつでしょう。


子どもの遺伝子検査を賢く選ぶ!